エンジニア採用を行う上で、採用担当者がプログラミングコードを書くスキルを身につける必要はありませんが、プログラミング言語についての正しい知識を身につけることは非常に重要です。
今回公開する資料では、プログラミング言語を手続き型と関数型、静的型付けと動的型付けの2つの軸で4つに分類し、言語ごとの特性や類似性を体系的にまとめたプログラミング言語の基礎知識をご紹介しています。

分類が近い言語は習得しやすい傾向にあるため、各言語の特性や特徴を理解することは採用活動に役立ちます。例えばスカウトサービス利用時で経験言語から求職者を検索するときに、自社が求める言語だけではなく、対象者が少ない場合にはその言語と相性の良い条件も含めて検索をすることで、自社の採用要件とマッチした求職者と出会える可能性を高めることが可能です。
 

こんな方におすすめ

  • エンジニア採用を担当する採用担当者、経営者
  • これからエンジニア採用をはじめる方
  • スカウトサービスで検索する際に適切な言語の組み合わせ方がわからない方
  • 技術に関する用語を正しく理解し、自社のエンジニア採用ニーズを正しく把握したい採用担当者

 資料概要

  • はじめに
  • 手続き型言語とは?
  • 関数型言語とは?
  • 静的型付け言語とは?
  • 動的型付け言語とは?
  • プログラミング言語の4象限
  • エンジニア採用における4象限の活用方法
下記フォームにご記入ください。(1分)

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

アップロードしています。少々お待ちください。
※電話番号は在宅勤務中にご連絡可能な番号をご記入下さい。このほか、エンジニア動向調査などの情報ご案内のご連絡をさせていただく場合がございます。